ファンシーカラーのダイヤ|高い人気のあるハワイアンジュエリーを花嫁に捧げよう
フラワー

高い人気のあるハワイアンジュエリーを花嫁に捧げよう

ファンシーカラーのダイヤ

ペアリング

既にダイヤリングがある方

婚約指輪に使われる宝石の定番はダイヤモンドです。ただ、ダイヤモンドはファッションアクセサリーとしても人気が高いので、入籍予定の女性が既にダイヤリングを持っている可能性も十分にあります。同じようなダイヤのリングが2つあるのは少し困ってしまいますから、ダイヤの選び方を工夫しましょう。おすすめは、色がついているダイヤモンドです。人とかぶる婚約指輪は嫌、みんなと同じような婚約指輪は持ちたくない、と考える個性派の女性にもぴったりです。天然のカラーがついているものはファンシーカラー、人工的に色がつけられているダイヤはトリートメントダイヤモンドと呼ばれます。ファンシーカラーは稀少性が高く値段も安くないので、もし予算オーバーの時はトリートメントダイヤもチェックしてみて下さい。

ダイヤ以外の素材

ダイヤモンドの婚約指輪を愛するパートナーに贈る時、宝石以外の素材も選ばなくてはいけません。素材はたくさんありますが、メジャーなのはプラチナとゴールドです。海外ではゴールドが不動の人気を誇りますが、日本人はあまり金のアクセサリーを身につける習慣がないためプラチナを選ぶカップルが大多数を占めます。耐久性に優れているプラチナは、長く美しい状態を保つことができます。この性質から、「不変の愛」の象徴とも考えられています。永遠の愛の象徴、ダイヤと組み合わせるにもぴったりなので、非常に人気がある素材です。また、ゴールドもピンクやイエロー、グリーンなどカラーバリエーションがあります。カラータイプのゴールドも若い年齢層を中心に人気です。いずれにしてもプラチナかゴールドを選んでおけば間違いありません。